現在表示しているページ
ホーム > 大学案内 > 広報 > 食道上皮の細胞老化抵抗性に関する論文が掲載されました
ここから本文です

 

食道上皮の細胞老化抵抗性に関する論文が掲載されました

掲載日 龙虎游戏_真钱牛牛-官方下载4年3月4日
筆頭著者 薬学部生物化学研究室 准教授 菱田 友昭

細胞老化は生体の老化や発がんに密接に関わることが知られていますが、細胞老化の受けやすさは細胞種によって異なるとされています。本論文では、マウスモデルを用いて、例え老齢であったとしても食道の上皮組織では細胞老化した細胞が認められず、その細胞老化抵抗性の分子機序としてがん遺伝子MYCが関与していることを明らかにしました。食道において人為的にMYCを高発現させると発がんが誘導された一方、正常の状態でも食道上皮細胞ではMYCが発現しており、この発現が食道上皮細胞の細胞老化抵抗性に必要であることが分かりました。これらの成果は一つの遺伝子により抗老化と発がんが共通に制御されていることを示しており、今後の老化や発がんのメカニズム解明に繋がることが期待されます。

Hishida T, Vazquez-Ferrer E, Hishida-Nozaki Y, Takemoto Y, Hatanaka F, Yoshida K, Prieto J, Sahu SK, Takahashi Y, Reddy P, O'Keefe DD, Rodriguez Esteban C, Knoepfler PS, Nunez Delicado E, Castells A, Campistol JM, Kato R, Nakagawa H, Izpisua Belmonte JC.
Myc Supports Self-Renewal of Basal Cells in the Esophageal Epithelium.
Front Cell Dev Biol. 2022;10:786031.

論文の詳細はこちらをご覧ください。